お節のようなもの。

二年連続したあの散弾銃三段重のお節から解放された今年のお正月。
パッと見豪華な鮑やら海老やら子持ち昆布やらは無かったけれど、
それでも年末2度に渡り配給があったのでした。
いらないってゆったのにぃ、ママァン。(ありがとう)

「え?フォアグラのテリーヌだったの?」
「ビンビー(瓶ビール)はやっぱ美味いね!」
「いや、このお餅美味しいよ、マジ。」(赤飯番長さんちの♪
「やっぱりあのお重欲しかったなぁ。57,000円のやつ。」
「あたし、数の子だけでいいかも。」
「これ、鯛のおじや?お餅が入ったおじやって好きだなぁ。」
「見て!すごいのびるーーー!」
「いや、五人娘もいい酒だね。」
b0097747_22182056.jpg

こそこそと作ったものは、年末から塩抜きして漬けにした数の子、紅白なます、
煮物。(ごぼうも蓮根も入れ忘れた)作り置きして冷凍保存しておいた塩いくら。
あ、この後とうちゃんが出し巻き玉子に青海苔をつけました。
b0097747_22221453.jpg

これ八つ頭ではなく、唐の芋とか言うルーツは海老芋らしい大きなまん丸の
お芋(お届けモノ)ホクホク系。昨年末はあの大浦太ごぼうが来ませんでした。
が、近所でいつでも売っていたのでした。めずらし度10点。
b0097747_230453.jpg

by yamatogokoro-mi | 2009-01-02 23:23 | 美味しいもの
スペルボーン(Spellborn)