鱈と鯛の竜眼巻

ぼんやりTVを見ていたら、食彩の王国をやっていました。
テーマは「油揚げ」。

美味しそうーーー!鱧と鱈のすり身で作った竜眼巻。ちょっとしか
流れなかったその工程をジーってみただけ。検索をかけたけれど、これって
おせち料理に使われるものなの?
なので、TVで見たとおりに作ってみました。

鱧は手に入らないので、鱈と鯛を使いました。すり身のつなぎは、
長芋と小麦粉、塩と生姜しぼり汁だけ。長芋に水分があるので水は入れず。
開いた油揚げに、すり身をまんべんなく塗り、両端を切ったうずらの玉子を
一列に並べ、巻いてしばらく蒸す。蒸したら取り出して薄味のお出汁で煮る。

後はわからない。どうやって食べるんだ?このままでも美味しそうだけれど、
取り出してから、残ったお出汁に醤油を足し、三つ葉を入れて吉野葛で
餡を作ってみました。とうちゃんと話し込んでいたら、三つ葉が可愛くない色に
なったので、更に千切りにしてちらしました。

これがまた、美味しいったら。エビやホタテでも美味しいだろうなぁ。もっと
大量に食べたい(そう言う食べ物ではないけれど)と思うのでした。
b0097747_11473928.jpg

中途半端に残っていた牛肉があったので、久しぶりに肉じゃが。
関東は、関西はと色々言われるみたいだけれど、実家は(東京)昔から
肉は牛肉の薄切りが定番でした。
b0097747_11475293.jpg

by yamatogokoro-mi | 2010-04-29 12:04 | 美味しいもの
スペルボーン(Spellborn)