お山の帰りのお蕎麦

修行を終えたら少し歩いてここへ寄ろうと決めていたけれど想像以上に
時間がかかり、終わって出たら2時を回っていました。
うーん、ビミョーな時間配分だなぁ。。。お腹減ったしなー。
しばし考えるも、今日は無理せず下山しようと降りて行きました。

もう止んでいたけれど平日の雨と言う天気も手伝ってか、麓の駅の商店街は
閑散としていてシャッターの閉まっている店もチラホラ。
お土産屋はちょっと買いたくないかもと言うションボリ感。ビミョーとも言う。

とても流行ってそうなお蕎麦屋さんをじーっと見るも通過。次のお店は
蕎麦打ちしています。ここでもいいけど。。。もう少し先へ行ってみると
もう一軒。ここでいいか。はい、お客ゼロですね。まぁいいですよ。
静かで人がいない方が好きな性質ですし。

今ガッツリ食べちゃうとお腹いっぱいだよなぁと思って、注文したのは
しぎそば。ナスの素揚げと、ブナシメジ、ししとうです。
さっぱりと、精進風で修行帰りにはいいんじゃないです?

味はイマイチでした。何が美味しかったかって言うとブナシメジの素揚げ。
つゆはビミョーに酸味が強くて(気にならないと思うけど)あたしはお世辞にも
美味しいとは思えなかった。蕎麦湯もぬるいと来たもんだ。
久しぶりの美味しくなかったものコーナーに入れちゃうんだから。

しかも広い店内で、次に入って来た老夫婦。お好きなお席へどうぞって
わざわざあたしの隣に座るかよ?広いんだからあっち行け。
などと、これで修行して来たのかよ?とふりだしへ戻るような蕎麦屋での
一幕でした。ぎゃは。

次回は別のお店に行って来まーす。
b0097747_1149474.jpg

スペルボーン(Spellborn)