新橋演舞場

あぁ、とうとうこの日が来てしまいました。
予想通りババァ年配の女性率高し。男性もちらりほらり。
何故かかぁちゃんの隣に、20代後半~30代ぐらいの男子が座る。
な、なんなんだ!と思ったら後から彼女も。マジ?
b0097747_9591034.jpg

役者が後ろから登場すると、率先して大拍手。へ?ママンと顔見合わせる。
第一幕の緞帳が降りた時「え?もう終わり、もっと続き観たいんだけど」
とその男子はほざきました。
b0097747_1002118.jpg

ん?なんかおかしくね?と思ったら、隣のママン寝てるし。オイオイ( ̄‥ ̄)=3
そう言うかぁちゃんはですね、スリムパンツを履いていったものですから
長時間の着席で腹に食い込むウェスト付近がどうも落ち着かず。
え?うーん...行き場を失った腸内においでなさるガス様達がどうやら
右往左往してるんです。ポコン、プスン、パスッ。わたくし何やら思いっきり
屁をこきてぇ!放屁したくてよ?落ち着かないガス様達の
機嫌を伺いつつ、第二幕終了。急いで飯を食え!30分しかねぇぞ!
b0097747_1003376.jpg

ママンの予約したお弁当ランクは個室なのでした。しかし、美味しいお弁当
なの。これを30分内に食べ終えなくちゃならないなんてー!
b0097747_1033161.jpg

太刀魚の中に練り物風なのが入っていました。とっても美味しかった。
煮物の中の白い物体だけ、一体何の食材なのか解明出来ませんでした。
味も香りも何も無い、野菜だったんだろうと言う縦の繊維が見えるだけ。
あれは何だったんだろう。これだけは美味しくなかった。
b0097747_1034515.jpg

お刺身も美味しかったし。
b0097747_1035627.jpg

胡麻豆腐onウニも。
b0097747_104924.jpg

このごはんも。
b0097747_10558.jpg

お吸い物は、ハモと白キクラゲと瓜。
b0097747_1051842.jpg

慌てて食べて、ママンはタバコを吸いに、わたくしはトイレへ。出口を失っていた
腸内のガス様達をと思ったらこう言う時に限っていらっしゃらないのよ。
席に戻った頃にはもう第三幕が(ってどんだけ長いんだよ)始まってました。
座って15分ぐらいすると、また迷子のガス様達が出口を求めて腸内を
彷徨いはじめ、あぁ早く終わらないかなぁ。
初めての新橋演舞場は予想以上にとってもお弁当が美味しかったのと
屁がこきたい放屁感に襲われた思い出となりました。
「鹿鳴館」についてはあえて触れません。わたくしたち母娘以外にもウトウト
している方がたくさんいらした。と言う事だけ申し上げておきましょうかしら?
追記:屁ご一行様は、ママンに付き合って演舞場外の喫煙コーナーにて
    無事爆裂。涼しい夜風と共に攪拌されて夜空に消えて行きました。
    とっても腸内がすーっと致しました。

スペルボーン(Spellborn)