江戸東京博物館 其の壱

昨日は江戸東京博物館へ行って来ました。
企画展「発掘された日本列島」に携わってる方が是非とうちゃんにと
招待券をくれたのでした。

大人600円で一日過ごせます。安いです。

寄席やコント、落語も楽しめます。
b0097747_128559.jpg

縄文時代から時代の流れもお勉強できます。
b0097747_1291533.jpg

勾玉欲しいです。
b0097747_1292867.jpg

かーっ、欲しい。鼠志野に絵唐津の器。
b0097747_1294333.jpg

昔のシトは素敵な器でご飯食べてました。
b0097747_1295541.jpg

江戸の暮らしも見る事が出来ます。
b0097747_12101564.jpg

武士や町人、長屋など色々と。
b0097747_12105320.jpg

模型や体験型と飽きない展示です。
b0097747_12111661.jpg




欲し過ぎーーーっ!カエルの燭台。
b0097747_12123555.jpg

飴屋と扇子屋の看板。
b0097747_12134662.jpg

これは、釣り道具入れ。欲しい。博物館って欲しいモノだらけだ。
b0097747_1214745.jpg

肥桶の体験も出来ます。
b0097747_12142535.jpg

錘が入っていて重くなってます。あたしはちょっと試して重くてやめる。
とうちゃんが担ぐと完全にうんこがこぼれる風なのでした。
b0097747_12144033.jpg

これは、海苔を採る時の為の下駄。どうやって履くのか不明。
b0097747_12153220.jpg

朝野新聞社の建物。明治の頃銀座にあったそうです。
b0097747_12155786.jpg

だるま自転車。サドルが木です。めっちゃ尻が痛いのです。
タイヤもないので非常に腰に悪いと思われます。
b0097747_12161134.jpg

by yamatogokoro-mi | 2008-08-31 12:55 | 芸術
スペルボーン(Spellborn)