カテゴリ:芸術( 17 )

異様な暑さがちょっとはマシになったか?と思っていたらあれよあれよと
異常な涼しさ。今度は雨攻撃。太陽を拝んでいない今日この頃
心身共にオクサレ様になってしまいそうです。

そんな中、幽霊画を見に行って来ました。
谷中にある全生庵と東京芸大のコラボ企画で、三遊亭圓朝所蔵の
幽霊画を中心にあれやこれやと見ごたえがありました。

全生庵は今日で終わり。東京芸大はまだもう少しやってるので
是非とも夏の締めくくりにいかがでしょうか?
 「うらめしや~、冥途のみやげ展」 

掛け軸と言う雰囲気と、絵で醸す怖さ不気味さ、怨念嫉妬執念を見事に
現す技術は素晴らしいものがあります。怖いのー!
般若になる一歩手前の面も、四谷怪談で使われていたと言う舞台での
被り物も怖かったのーーー!


8月も今日でおしまい。あの夏のギラギラ容赦ない陽射し、
憂鬱になりようがないあの陽気なエネルギーが影を潜め出して
何だかもの淋しさをビミョーに感じる晩夏。
虫の声も日増しに大きくなって行くのです。

そして、ワシの食欲は夏以上に増して行くのです。ブキミーーー!
衰えを知らぬ自分の胃袋が怖い。死ぬまで87歳の手前まで、高校生男子
のような食事を食べていたパパジィジのDNAなんじゃないかと心配で
おちおち寝ていられません(嘘)
b0097747_22122174.jpg

by yamatogokoro-mi | 2015-08-31 22:29 | 芸術 | Comments(6)
ぼんやりしていたら、あっという間にブログはきっかり1ヶ月も開きました。
ヤル気あんのかよ?あぁん?

こんにちは、皆の衆。あたしは元気にしています。忙しくて白目になりつつ
頑張っています。仕事を探さなくてはならないことになりました。ちょっとだけ
猶予がありますが、なんにしろ40過ぎると仕事がないんですねー。
これは最近ハローワークなどに行かれた方なら解ると思いますけども。
そこらじゅうにあるだろ?仕事選んでるからだろ?と言うのは若者向けの
話しでございまして、40過ぎると介護、ビル清掃にレジのパートとかばっかり。
年齢制限を設けてある募集の多いこと多いこと。45歳ぐらいまで。なんて
体の良い事が書いてあっても蓋を開けりゃぁ、35歳ぐらいだったりしますから。

誰かー!オレに仕事くれーーー!

そんな年の瀬を迎えつつ、昨日は今年最後の自由な有休(来月はお勉強の
為の講座です)だったので、高野山の名宝を見て来ました。もう遅いので
展示終了のものもあったけれど、いやぁ、行って良かったなぁとしみじみ
思いました。もうね、もっと法具欲しい!って思ったのです。(そこかよ!)
仏像も本当に素晴らしかったです。テキトー解釈しつつ実はさして興味も
ないらしいご年配の方々が多いこと。「美術館へ行った」と言う実績が欲しい
だけって感じ?ろくすっぽ見ない、説明書きも見ない、イヤホンガイドなんて
絶対借りない(借りるわけない)で、これは何を入れたのかしら?

ってオメー、

ここに袈裟を入れたって書いてあるやろ!

無駄に混むからくんな!と勝手にイライラしつつ(あら?更年期かしら?)
音声ガイドに耳を傾け、ほぉぉぉぉ、へぇぇぇぇと心の中で感心しきり。
来月7日までやっているようなので、是非行ってらしてねーん。
サントリー美術館のフロアも可愛いお店が多かったです。クリスマスシーズン
なので、ディスプレイも可愛いです♡
b0097747_9151354.jpg

お目当てのランチは激混みだったので、他を探すも、なんじゃそりゃ?と言う
ランチには到底出したくない金額。こんなにランチにお金出すなら、酒買うね。
山崎が買えるじゃん。ってもう価格価値が「酒」で換算ってところも終わってます
けどね。えぇ。

探し回って結局庶民的な京のおばんざいプレート(1,080円)を食べて帰って
来ました。行きも帰りもグースカお昼寝付き。中々良い日でありました。
b0097747_9372666.jpg

by yamatogokoro-mi | 2014-11-29 09:41 | 芸術 | Comments(2)
年末に突然ママンから歌舞伎のお誘い。二つ返事で行くー!!
歌舞伎座があぁなる前に歌舞伎座で見たかったけど。。。
新橋演舞場にて。

わたくし能と狂言は子供のころ見に行かされましたが歌舞伎は
恥ずかしながら今回が初めて。

でも伝統芸能って大人になってからじゃないと絶対に楽しめないと思うのです。
内容を知らなくちゃ見てたってつまらない。この衣装はどういう意味があるとか
この柄は何を表しているとか。そういう事をひっくるめて楽しめないと。
演劇内容も知らないでぼーっと見てるのとそうでないのとでは面白さも違うと。

えぇ、もちろんわたくしイヤホンを借りましたよ。あぁ、面白かった。
b0097747_2271780.jpg

席は前から四番目。花道のすぐそば。
まぁ、役者がこっち向きではなくあっち向きが多い事を考えると
あっち側のがいいのかなー。
でもお初歌舞伎でこんなに近くで見られるのはとても良かったのであります。
b0097747_2273742.jpg

役者が花道を通るとおしろいの香りが漂うほど。
衣装や着物の素晴らしさ、豪華さは目を見張りました。あぁ、やっぱり着物って
いいなぁ。今年はもっとたくさん着物を着るんだよ。

食事は前回の反省を兼ねてパパっと食べられるお寿司にしました。
これが結構美味しいお寿司なのよ?急いで食べたから画像はないの。
先に予約しておくと用意されております。今回はお値段的にも個室では
無かった模様。
b0097747_2274930.jpg

この日出演予定だった富十郎さんが体調不良のため出演できませんとの
アナウンスと張り紙が出たけれど、ご逝去されたのでした。
ご冥福をお祈りいたします。

最後に花魁からのお年玉じゃ。と正面とこちら側に投げ込まれたもの。
こちら側は何と一つだけ。それがあたしのところへ飛んで参ったので
ございます。きゃー!なんか新春からめでたいのよ?

それがこれ。雪うさぎの手拭いでした。ありがとう。
b0097747_22272937.jpg

と言うわけで四十路過ぎのお初歌舞伎はとっても楽しく素晴らしく
また行きたいなぁと思えたものになりました。

終わって出て、タバコマンがモクを吸って9時半ごろ。東銀座から
銀座まで歩きライオンへ入ります。
b0097747_22809.jpg

のどが渇いたからあたしはハーフ&ハーフよ?
b0097747_2281397.jpg

「あたしは冷酒。辛口ね?」ってオメーライオンで取りあえず冷酒かよ?
しかも薄い焼酎水割りをチェイサー代わりに飲むって言うクレイジーな
呑み方をするのよ?このシト。
b0097747_2282337.jpg

サラダと枝豆とチョリソーを食べつつべらべら話しまくりあっという間に
閉店。えっちらおっちら帰ったのでした。

楽しかったなぁ♪ ありがとうママン。また連れてってねーん。
b0097747_229285.jpg

by yamatogokoro-mi | 2011-01-04 22:35 | 芸術 | Comments(16)
昨日は早起きして博物館へレッツゴー。とうちゃんは行かないって。
見に行ったのは、「伊勢神宮と神々の美術」と「染付」です。
詳しくは★コチラにて

阿修羅展のような激混みな事もなく、すーっと、すすーっと、ジーッと
のんびり見られるのでした。
b0097747_13492357.jpg

しかしながら、音声ガイドを聞いてるシトっつーのはエライ邪魔ですね。
まぁまぁ、白目で見られてますけどおかまいなしです。そうですガイドの説明を
聞きつつブツを見ているので、自分の世界に入っています。次の人が来たから
ちょこっとどくとか、避けるとか、譲るなんて事は全くないですね。
大抵邪魔な所にボーッと突っ立ってます。
b0097747_13493666.jpg

おばちゃん達の勝手な解釈による説明にもウンザリですが。
それにしてもステキでした。はぁ~♡
b0097747_13494635.jpg

江戸時代の伊万里もしびれました。はぁ、欲しい。欲しい、欲しい!
先人のセンスには恐れ入ります。
b0097747_1350658.jpg

両展をはしごして、腹もすき咽喉も渇きました(一応ペットボトルのお茶持参)
上野で鰻と言ったらおめぇ、ここだよ。伊豆栄の鰻。
ビールとうな重で機嫌レベル急上昇ーーー!画像はありません。とても
撮るような雰囲気でなかった席だったので。いずれまた。
その時はコース料理でもな?

不忍池は蓮が見ごろでした。大きな葉っぱとピンクの大きな蕾がアチコチに見え
キレイでした。
b0097747_13501688.jpg

花見茶屋があったと思うけど、こんな景色を見つつビールを飲むのも
よろしいかと思いました。

っつーかとうちゃん、やっぱり行けばよかったでしょう?見たかったでしょう?
染付の方は特に。持ち帰ったリーフレットをジーッと見るとうちゃんでした。
伊豆栄のメニューとパンフレットも。
b0097747_13503952.jpg

by yamatogokoro-mi | 2009-08-24 14:14 | 芸術 | Comments(8)
あ、もうすぐ終わっちゃう~!慌てて阿修羅展へ行って来ました。

前日行っていたネジさんから事前情報を入手していたので、
開館時間に合わせて到着。でももう40分待ちって...
のんびり向う人、ジジババ、チケット売り場の行列を抜きます。
150人は抜いたと思う(当社比) 注:パスポートを買ったため。

あ、無料貸し出しの日傘あります。「東博」って書いてあります。
黒、紺、水色、ベージュ、白と様々。(あたいの日傘は自前でつ)
b0097747_11234725.jpg

25分で入れました。が、いやぁー混んでるっちゅーの。
ジジババが8~9割で、意味もなくギューギュー押してきます。
阿修羅なんてもうおしくらまんじゅう状態で(笑)ともすると押された勢いで
ナイスポジションに行けたりする場合もあります。

1時間後(11時頃)出るとモーレツな長蛇の列。それは正門まで。
(東京国立博物館敷地内には5つ建物があります)
待ち時間は90分となっておりました。(驚) 連日この状態だそうです。

感想とまとめ:あたし個人的には康慶や運慶が良かった。でも阿修羅を
         見る事が出来て良かった。早くに行って良かった。
         お茶を持参して良かった。待ち列の途中に給水所あります。
         仏像好きネジさんの言う通り「やっぱ仏像は鎌倉以降だ!」
         と思いました◎
b0097747_11223950.jpg

はしごします。お隣の表慶館でカルティエクリエイション めぐり逢う美の記憶

こちらはもう目も眩むほど。阿修羅展にはいらっしゃらなかった女子が
たくさんいまして、張り付いていて中々見れません。そんなに混んでません。
しかしまぁ、ホントに宝石で目が眩む、ダイヤの反射で自分の顔が光る
なんて言う事を経験出来ます。

なんじゃこりゃーーー!
のそのポスターにも使われているアホほどデカイネックレスには尿漏れ必至。
マハラジャ、ヤダビンドラ・シン殿下の儀式用ネックレスです。
物凄くデカイです。
b0097747_11573291.jpg

もう説明しきれません。蛇、ワニ、鳥さん、犬(パグが多い)花などなど。
ジャン・コクトーのアカデミー会員の剣とかねぇ、もう何でもあります。はぁ。
ヴァン・クリーフ&アーペルも素敵だったけれど、このカルティエもスゴイです。

感想とまとめ:阿修羅展に比べてとても空いている。イイ香りがする。
         見た事もないまばゆい宝石は圧巻。そのダイヤモンドを1粒くれ。
         目がクラクラした。(会場、展示ケースが暗く作品に光が
         当たっているせいもある)
         どこからでもお好きな所からご覧くださいと言われるがその通りに
         すると、「何?このひと?」的なイヤな顔をされることが多い。
         女子がへばりついていて、離れず中々見る事が出来ない。
b0097747_1124196.jpg

本館前の大きなユリノキ。秋もキレイです。
本館の地下はミュージアムショップ。ついつい無駄遣いをします。

7月は「染付」と「伊勢神宮と神々の美術」を観に行きます。
b0097747_11245542.jpg

by yamatogokoro-mi | 2009-05-28 12:17 | 芸術 | Comments(12)
こちら、体験型コーナー。昭和30年代頃の一般的な家。こんぬつわ。
b0097747_12572328.jpg

おじゃましまーす。と思わず言ってしまうのはあたしのクセみたいなもんです。
b0097747_12574320.jpg

いやいや、こりゃウチより広いよ。マジ。
b0097747_1258812.jpg

新しい畳の匂いっていいなぁ。こう言う家いいなぁ。
b0097747_12582722.jpg

冷蔵庫はこれじゃ困るけど。
b0097747_12584782.jpg

台所が可愛いの♡ むしろこんな住宅を売り出したらそこそこ売れるかも
しれん。
b0097747_1259517.jpg

あぁ、あたしゃここで庭を眺めつつビールを飲むのが夢だね。
b0097747_12593052.jpg

こちらは長屋の暮らし。
b0097747_12595549.jpg

ちょいと狭いんだよオマエさん。と思って写真を撮っていたらオマエさんが
向こうから覗いていたよ。
b0097747_1302857.jpg


つづき。
by yamatogokoro-mi | 2008-08-31 13:19 | 芸術 | Comments(8)
昨日は江戸東京博物館へ行って来ました。
企画展「発掘された日本列島」に携わってる方が是非とうちゃんにと
招待券をくれたのでした。

大人600円で一日過ごせます。安いです。

寄席やコント、落語も楽しめます。
b0097747_128559.jpg

縄文時代から時代の流れもお勉強できます。
b0097747_1291533.jpg

勾玉欲しいです。
b0097747_1292867.jpg

かーっ、欲しい。鼠志野に絵唐津の器。
b0097747_1294333.jpg

昔のシトは素敵な器でご飯食べてました。
b0097747_1295541.jpg

江戸の暮らしも見る事が出来ます。
b0097747_12101564.jpg

武士や町人、長屋など色々と。
b0097747_12105320.jpg

模型や体験型と飽きない展示です。
b0097747_12111661.jpg


博物館のつづき
by yamatogokoro-mi | 2008-08-31 12:55 | 芸術 | Comments(6)
土曜日公開初日の一番早い時間に映画を観に行って来ました。
とうちゃんは仕事だったし、一応聞いたら別に観たくないと言うので1人で。
蒼井優ちゃん主演の「百万円と苦虫女」です。
混んでたら次の回だな。なんて思っていたら、次の回は満席完売。
それは次の回に舞台挨拶があったからなのでした。

途中地震があって目眩のように揺れて、怖かったんだよぅ。
天井の照明がぐりんぐりん回るほどの揺れ。8階だったからかも。
b0097747_2213890.jpg

あたしはこう言うロードムービー好きだなぁ。
地震のせいでちょっぴり集中出来なかったので、もう一度観たい。
主題歌も心地良いのでした。
b0097747_22132123.jpg

by yamatogokoro-mi | 2008-07-21 22:25 | 芸術 | Comments(0)
昨日はとあるパーティー、正確には「謝恩会」へ出席致しました。
場所は六本木のハニーズガーデン。素敵なお店でした。
b0097747_1547261.jpg

これはエントランス。
b0097747_15471716.jpg

1階のお庭。
b0097747_15473277.jpg

ジャーン。「20世紀少年」日本漫画家協会賞大賞受賞謝恩会です。
なんで?どう言う関係?さてどうしてでしょう?ヒミツ♡
b0097747_1547451.jpg

ビール、シャンパン、ワイン(赤・白)、ジュースなど。おつまみは
あんまり食べませんでした。奥に窯があって、火が燃えてました。
って見りゃ解るか。
あ、わたくし?シャンパンをガブ飲みしましたの。オホホホホホ。
b0097747_1548370.jpg

うーん、知ってる人が本人しかいないよねぇ。と思ったら、知った顔が
数人いらして、ご挨拶。あっ!ここにもーーー!藤子不二雄A先生。
酔っ払っていらしてスピーチがとっても面白かったのでした。
b0097747_1633562.jpg

コチラ、浦沢直樹先生ですわ。そう言えば一緒に写真撮った事なかったわ。
と言うわけでとうちゃんがパチリ。隣にはワタクシがおりましたんですが
余りにも美人すぎるのでトリミングいたしましたの。
直樹さんごめんなさい、勝手に写真UPしました。ここでお断りしておきます。
b0097747_15485569.jpg

こうなったら、藤子不二雄A先生とも!ご歓談中失礼致しますが一緒に
写真を撮っていただけますか?と話しかけたら
「え?ボクちゃんと?」ですってー。可笑しいー!そうしましたらすぐさま
一緒にいらした方が「浦沢先生とはどのようなご関係で?」と素性を尋ねて
来ました。「あ、★○△※なのです」「あぁ、そうでしたかぁこれはこれは。
コチラ、藤子不二雄A先生でございます」
だから知ってるっつの。
b0097747_1549518.jpg

何故か運ばれて来たデザート。美味しかったわぁ。チラリと見えてるのは
ワタクシ達がお土産に持って来たシャンパン。パイパー・エドシック。
カンヌ国際映画祭の公式シャンパンです。全然知らなかったんだけれど、
カンヌ国際映画祭で20世紀少年の映画予告編が放映されたんですって。
偶然ねぇ。
b0097747_15494913.jpg

お土産で戴いたのはブルースハープC調でした。
お疲れ様でした~&ご馳走様でした。
b0097747_15502169.jpg

by yamatogokoro-mi | 2008-06-14 16:24 | 芸術 | Comments(12)
良く行く雑貨屋さんでお会計中に気がついた映画のポスター。
「百万円と苦虫女」だってー。観たいかもー!蒼井優ちゃんってかぁわいぃ♡
ドラマってダルイので殆ど観ない性質なんだけど、最近おせん観てます。
これ観てて久しぶりにキターー( ゜∀゜ )ーーー!着物モード。
でもなぁ、この時期は浴衣ですら腹に汗疹が出来るよなぁ。

百万円貯めては放浪するっていいなぁ。あたしもやりたいよぅ。
b0097747_21425231.jpg

by yamatogokoro-mi | 2008-06-07 21:53 | 芸術 | Comments(8)
スペルボーン(Spellborn)