せ、先生っ!

あー、もうこの先生がいいな。そう思える主治医とは中々出会えません。
アチコチ行ってみて、あ、やっぱりここが一番だな。と思っていても
異常な混雑や待合室の不具合。その上いつもの先生じゃなくて話が
通じなかったぁぁぁぁ。なんてことは良くあります。

あたしは今年とても素晴らしい病院に出会い、あぁもうこの病院に決めた!
ハトヤに決めた!って思うほど素晴らしい病院と先生に出会えました。
この喜びは自分にしっくり来る美容室と居酒屋を見つけたぐらい嬉しい
出来事です。例えがおかしいかしら?

そんなわけで、ヤマトの病院もしっくり来る病院が中々なくて右往左往しつつ
もう5年です。この先生は!と思う病院は果てしなく遠く、じゃぁ近所で。
と思いきや、超テキトー。カルテなし、名前も聞かなきゃヤマトの年齢も
聞かないし、助手らしい女子はパソコン前でサンドイッチを食っている。
ダメだこりゃ。いかりや長介的諦め。じゃぁ、こっち!都内でも少ないぐらいの
最新医療を兼ね備えております。痒いところに手の届く診療内容。
あぁ、良かった見つかった。と思いきや、時と共に患者さんが増え診療が
とても雑になり一般のどうぶつ病院よりかなり高めの医療費。
その上アニコム提携(どうぶつ健保)から脱退。はぁ?

じゃ、ここか。と古くから開業しているらしいどうぶつ病院へ。合間に急患事故で
隣町の病院など。まぁとにかく渡り歩いたのでした。ん?なんで?と言う
不思議は不信感に繋がり、質問するとどうにもしっくり来ない返答。
どう考えてもヤマトの健康云々や検査結果の数値より病院側の儲けが
垣間見えたりしていい加減にうんざり気味でした。
ま、あたしが神経質なだけなんだろうと思うけれど、不信感を持ちつつ通うのも
どうかと思うし。

ある日新聞の折り込みに移転のお知らせと言うどうぶつ病院のチラシが
入って来ました。きゃーーー!これは、ヤマトが子犬の頃にお世話になっていた
どうぶつ病院でした。辺鄙な場所だったので通いきれず断念した病院です。
今度はチャリでも歩いても行ける距離。
せ、先生っ!病院の規模は前より大きくなったけれどあぁ良かった。
ここへ戻ろう。ねぇ?

なので久しぶりに診察券を持って行って来ました。仔犬のころ以来だから
もう4年ぶり。カルテ残ってるのかなぁ?なんて心配はよそにちゃんと残って
いました。思えばこの先生に出会って手作りごはんにしようと決めたのでした。
生憎重症の急患が入っていて先生には会えなかったけれども。
先生は忘れちゃってるだろうけれどあぁ良かったね。としみじみと安堵したのでした。
次は秋のワクチンの時かな。

今日はぐったりお疲れちゃん。
取り込んだ洗濯物の中で寝るの図。
b0097747_2350029.jpg

by yamatogokoro-mi | 2010-08-11 23:53 | ヤマト
スペルボーン(Spellborn)